IMA Abacus Mental Arithmetic, Kids Learning, Children Learning, IMA Academic, Sensory, Programmes, Foundation, Education, Creative Thinking, IMA, Abacus, Mental Arithmetic, Centre, Franchise, Learning Centre, Children Learning Centre, Enrichment Centre, Mental Arithmetic Learning Malaysia, Abacus Learning Malaysia IMA Abacus Mental Arithmetic, Kids Learning, Children Learning, IMA Academic, Sensory, Programmes, Foundation, Education, Creative Thinking, IMA, Abacus, Mental Arithmetic, Centre, Franchise, Learning Centre, Children Learning Centre, Enrichment Centre, Mental Arithmetic Learning Malaysia, Abacus Learning Malaysia
IMAについてよくあ る 質 問 IMA 感 覚よくある 質 問
閉じる  X

IMA についてよくあ る 質 問

 

「算盤と暗算」は何でしょうか?

「算盤と暗算」とは、算盤を利用して、暗算を教えるということだ.算盤はプラス、マイナス、乗法と除法の計算のために使用するツールです. 算盤を使用する場合には、特定の規則や方法を従わなければなりません.算盤を詳しく、上手に使用できれば、より速く計算することができるようになります人間は感情、知覚や記憶を通じ、脳を算盤みたい働くようにトレーニングされます.それは「算盤と暗算」的な計算方法です.「算盤と暗算」的な計算方法をマスターすれば、電卓よりも速く計算することができます. 結果を出るスピードは信じられないほど速いです. 「算盤と暗算」的な計算方法はを世界一の計算方法です.

 

なぜ「算盤と暗算」的な方法を勉強しなければなりませんのか?

日常生活の中で、我々は計算の問題に必ず直面するに違いありません. 毎日のいつか、どこかで、何かを計算しなければなりません. この問題を解決するために、計算の技術を学ぶのは一番の方法です. 「算盤と暗算」的な方法は脳と手の練習の一つです. 指が算盤を使えるときに、脳も同じように働いています. 指をより速く使えば、脳もより速く働きます. そこで、この練習は脳を活性化させます. また、手と脳が一緒に働くのは、脳の機能を二倍に向上させます.

 

「算盤と暗算」の学習は精神的能力の開発に役に立つでしょうか?

精神的能力の開発は指の訓練に関係性が強いです. 指を使用することによって、精神的能力が自動的に上げます. 多くの教育者は算盤で暗算を教えるのは完璧な方法で、また精神的能力の発達に役に立つと信じています. 脳を半分ずづに分けることができます:

 

  • 左脳は言語、書き、計算、思考、推論、判断に機能しています.
  • 右脳は叙述、真似、想像力、音楽を機能しています.

 

「算盤と暗算」の方法は思考と訓練の協調が必要です. 計算作業では、算盤を使いながら覚えなければなりません. 集中力と記憶力をどちらも使える必要があります. そして、これは左脳と右脳両方の協調が要します. したがって、「算盤と暗算」的な方法は精神的能力を上げる重要な鍵です.

 

いつから「算盤と暗算」的な方法を学び始めるのでしょうか?

若ければ若いほどが良いです. 子供は3歳になると体の70%の細胞が成熟し、4歳になると100%が成熟するといいます. 細胞が完全に成熟する時は、暗算を学ぶのに最適な時期です. なので、4歳から12歳の間に勉強し始めるのは一番だと示しています. つまり、幼稚園から小6までです.

 

IMAプログラムを修了するのはどれくらい時間がかかるのでしょうか?

通常、IMAプログラムを修了するのは約3年間がかかります. しかし、プログラムはそれぞれの学生の個人的レベルに応じて行われます. また、生徒たちは授業中に全ての注意を集中し、教師と協力しなければなりません. そして、授業後時間通りに宿題を終えるなど、自分の課題に十分の責任を持たなければなりません. その同時に、生徒たちも、一番の効果を得るために、日常生活の知識を生かさなければなりません.

 

暗算プログラムはどうのように子供たちを手伝うでしょうか?

子どもが算盤を使って計算するときは、手、目、脳が同時に働き、また脳に示された活動が暗記、観察、判断、と習得です. したがって、その質問に答える過程は観察、記憶力を強化するだけでなく、問題を分析し解決する能力を向上させます. 暗算によって集中力、記憶力と反応力を高いレベルで訓練されるために、これらの能力の発展は効果的に育成されることができます. その同時に、子供に、集中力、持続力、競争力、時間管理力、向上心などの非知能的要因の発展をだんだん促進することになります. 暗算を学ぶ子供たちは通常、外国語の勉強、詩の暗記、数学問題の解決など能力を大幅に向上させます.

 

暗算を学んだ後、子どもたちの数学能力を改善できるでしょうか?

算盤と暗算プログラム、精神的な開発に重点を置きます. 科学的研究によって、暗算プログラムは子供たちの知能の開発を急速に促進することを指摘していま. 子どもたちは手と脳を十分に活用し、集中力、記憶力と読解力を上げることができます. 数学の範囲は広いです. さまざまな定義、理論、公式、アルゴリズムなどが含めています. したがって、これらの規則と暗算の速やかな計算能力がマスターする限り、子供たちの優れた数学能力が育成されるでしょう.

 

IMAプログラムの特徴何でしょうか?

暗算の訓練は生徒たちの全体的な素養を育成でき、学業能力も上げることができます. 聴覚、計算、書き能力を間断なく訓練するため、生徒たちは視覚、聴覚、触覚などの感覚器官と協力し、脳の開発を促進します. このような場合には、思考能力を上げるだけでなく、思考の深みと幅も広げられます. 算盤と暗算の学習は潜力の開発に役立つが、その学習過程は全ての方向に進むべきです. 知能的暗算(IMA)プログラムは厳しい条件と多様な訓練モードを採用しています. その多様な訓練モードは基礎レベルの確立の間に、生徒たちの学習に対する関心を呼び起こすことを目指します.

 

IMAプログラムに以下の特徴が持っています :-

IMA創造的思考の訓練

この情報と技術をベースとした社会において、データはますます重要な象徴的なメッセージになっています. 客観的な世界をよりよく理解するために、いろいろ種類の情報、特にデジタル情報の扱いを必ず学びます. 収集、校正、分析の能力はすでに人間の基本的な資質の一部となりました. したがって、IMAプログラムにおける「あなたの思考力を活性化する」(例えば、創造的思考の訓練)の一連は、規則、方式などを探求する能力を発展するため、学習過程に生徒の独立した活動を主張します. 生徒に画を有形の分析として使えるように勧めることを通じて、分析のスピードを早くするだけでなく、難度を下げることを考えさせます. さらに、抽象的な情報を見ると、視覚から得る情報を覚えやすく、効率的できれいにイメージ化された分析を行いやすいです. さまざまものの総量を計算した後、生徒たちは算盤のビーズを見せます. 訓練過程の中で、生徒は同じ問題に異なる視点のポイントを考えることを学びます. 特定なアイデアや固定的形式に限らずに、問題を解決するためのさまざまなアイデアや方法があります. これは記憶力、思考力やその他の能力の向上に役たち、期待の2倍以上の効率で勉強できます.

 

IMA新時代の算盤

知能的暗算(IMA)プログラムで使用される新時代算盤は特許がある算盤です. (特許番号:200282774). それは色彩心理学の効果を利用しています. 右脳は感光視野において、赤と黄色により敏感なのです. 生徒を訓練するために、3次元視野の変化は授業の指導員にとって、言語上のヒントの一つです. 生徒たちがビーズを移動し、特定なところにいれるという暗記過程は、可能な限りで最短時間で空間イメージを確立するのに役に立ちます. 指導員は生徒を「能力計算」を使えさせないように、生徒たちの空間イメージを評価します. なので、プログラムの進行を加速できます.

 

IMAフラッシュカード練習

フラッシュカードとは、質の良い視覚神経回路を確立する視覚の刺激的カードです. 十分の視覚的刺激は、生徒たちの想像力と論理的思考を高め、視覚の感知を強化し、視覚的問題解決能力を上げ、視覚的集中力と観察を改善し、3次元視野と視力の健全を向上させます. フラッシュカードはさまざまの種類があります. IMAのフラッシュカードは、生徒にビーズの移動と位置入れを訓練させます. 移動についての記憶過程を通じて、一般の単語フラッシュカードや絵フラッシュカードより、脳への刺激機能が高いです. しかし、これは高い度数の空間構成とデジタル画像の分解に基づく言葉と同じです. 脳活動の操作の役割で、記憶力非常に改善されるでしょう.

 

IMA非数式方法

フォーミュラメソッド学生が不満感に直面し、フォーミュラの厳しい記憶プロセスのために右脳発達の機会を諦めさせる一方で、非フォーミュラメソッド簡単に学ぶことができます. さらに、Non-Formulaのアプリケーション機能強力です. 生徒ビーズを巧みに動かす段階に達し、最短時間で自分の信頼を築き、フォーミュラの制約を取り除くことができます. また、フォーミュラ法6歳以上の子供に適していますが、非フォーミュラ法3歳以上の子供に適しています. これ、子供が脳の発育の絶好の機会に、右脳発達の時間を奪うのに役立ちます.

 

IMA両手の算盤と暗算

両手でビーズを動かすことで、われわれの視覚、聴覚、触覚、筋肉がお互いに協力し働いています. これは視覚、聴覚、触覚、感覚の器官の共同作業に役立つ. それで、子どものの集中力と記憶力が上がます. 左脳と右脳は両方とも相互作用し、お互いに情報を交換します. 両手の使用と動きは限界あり、協調している. 脳の統合機能の開発過程の中で、触覚、視覚、聴覚の機敏性もあがります.

 

IMA負数の実践

「算盤と暗算」は最初の計算機能だけでなく、知恵のインスピレーションの機能も含めます. 例えば、負数の練習は生徒たちの思考力を訓練できます. 練習の過程で、生徒たちは必ずアクティブ思考に集中し、ビーズの数を観察し、ビーズを移動ルールを分析し、すぐに判断と反応しなければなりません.

 

子供たちの記憶力の低下は学力に影響します.

暗算訓練は子供の記憶力をあげられるでしょうか?なぜでしょうか?

多くの親は暗算の学習を通して、子供たちの数学能力がよくなると考えています. 実際、それは完全に正しいわけではありません. われわれの脳内ビーズの空間的な「影」(すなわち空間像)は、新時代の算盤の赤と黄色ビーズの協調でビーズの画像を通して形成されます. 先生が生徒たちに脳の画像を上下左右に振りかけるように指示すると、ビーズのイメージがよりはっきり見えるようになります. 記憶のもとは空間です. 空間が形成された後に、記憶ができる. 同じように、われわれは授業に出る動機は知識の獲得だということが知っています. だが、記憶力がないと、勉強はできないでしょう. ビーズの動きの空間はアクティブであるが、単語の画数は形成されて、変わられません. もし、生徒が自分の脳のビーズの動きをはっきりと見ることができれば、単語を簡単に書く方法と、だんだんより多くの語彙を勉強できることがわかります. 語彙数の増加とともに、知識も増えています. その同時に、3つの言語のベースと合わせて、学力も自然に上がります.

 

すべてのIMA学生は暗算をマスターできるか?

はい、事前に算盤計算の基礎がしっかりと作る限り、全ての生徒たちは自分の脳にビーズの構造を作れます. しかし、「視覚空間」ではなく、 "反射空間"を実践するのが必ずです. 「反射空間」は「画像空間」とも呼ばれます. 暗算をやっているときに、ビーズの動きが全部脳の中ででき、目を指に見る必要がありません. 逆に、「視覚空間」を実践する学生、ビーズを動かすときに指を見ています. それは、脳の中の画像が目(つまり、視覚)のおかけでのみ出来上がることを示しています. 「画像暗算」は計算を読むか聞くかことによって、一、十、百、千の単位の算数を解決できます. しかし、「視覚暗算」は計算を読むか聞くかことによって、一、十の単位だけの算数を解決できます. 百、千、万の質問がでた場合に、「分割計算」が使用されます. その「分割計算」は、問題を分けて、2回、3回、また4回で計算するということです. もし、生徒が聴覚計算をできず、読む計算しかできないことは、間違った方法が使用されていることを意味しています. 千、万の単位の質問のために、その問題をすぐに解決する必要があります. 「視覚的暗算」の限られた空間のために、多くの桁のビーズは脳に保存することができず、最初に学生の記憶力を向上させることに役立ちません.